スポンサーリンク



今話題の調理器具といえば
厚手の鉄製フライパン、スキレット。

なかでも一番注目を浴びているのが
ニトリのスキレットこと「ニトスキ」です。

値段も手ごろで、気軽に使えることから
入荷しても即完売するほどの大人気商品!

テレビや雑誌でもよく紹介されているので
「私も使ってみたい!」と思っている方も
多いのではないでしょうか?

でも普段使い慣れている
テフロン加工のフライパンとは違い
分からないことも多いですよね。

そこで今回は
ニトスキの蓋や人気のサイズ、
お手入れ方法など
ニトスキについての疑問を
詳しく調べてみましたよ!

では早速いってみましょう♪

ニトスキとは?

ニトスキ・とは
出典:http://camphack.nap-camp.com/846

ニトスキとは
ニトリで販売されている
スキレットの略称
です。

スキレットとは
鉄製フライパンのことで、
厚手でずっしりと重いのが特徴。

でもこの厚みのおかげで
食材に熱が均一に伝わり、
旨みが引き出されるので
料理が美味しくなるのです!

またそのまま食卓に出すことで
料理の見た目もオシャレになり、
SNS映えすることから
大評判の調理アイテムになっています。

スキレットは有名メーカーのものだと
値段も2,000円以上はするのですが、
ニトリのスキレットは
小さいものだと500円という安さ!

お手頃価格で買えることから
人気に火が付き、
品切れになる店舗が
続出するほどの大ヒット商品
に。

ニトスキファンも年々増えて
ニトリ公認のニトスキレシピ本まで
出版されているほどなんですよ!

今まで「鉄のフライパンはちょっと…」
と躊躇していたあなたも、
ニトスキなら気軽に使えそうですよね!

ニトスキには蓋がない?人気のサイズはどっち?

ニトスキ・蓋
出典:https://www.nitori-net.jp/store/

スキレットには蓋が必須アイテム。

蓋があれば
蒸し料理や燻製も作ることができ、
料理の幅がさらに広がります。

でも困ったことにニトスキには
専用の蓋がありません

なのでニトスキ愛用者は
ニトスキに合う蓋を求めて
ニトスキを2枚重ねて蓋替わりにしたり、
別メーカーのものを探したりして
使用しています。

そんな愛用者の声がニトリに届いたのか、
昨年末頃からニトスキと蓋のセット
ついに販売されるようになりました!

ただニトスキと蓋のセットは
ネット限定商品となっており、
店舗での販売はされていません

しかも蓋セットのニトスキは
単品のニトスキよりもサイズがそれぞれ
1㎝ずつ大きめになっています。

なので蓋単品では販売されていないし、
セットのニトスキでないとサイズ的にも
合わないようになっています(涙)。

セットで購入する場合は良いですが
単品のニトスキを買う場合は
やはりニトスキ2枚重ねて使うか
別メーカーの蓋を探すしかなさそうです。

人気のサイズはどっち?

ニトスキ・人気サイズ
出典:http://camphack.nap-camp.com/846

大人気のニトスキには15㎝19㎝
ふたつのサイズ
があります。

そこでまず迷ってしまうのが
「どちらのサイズを買うか?」
ですよね!?

価格は15㎝が498円(税込)、
19㎝が799円(税込)
と、
どちらも気軽に買えるお値段です。

お店で完売が続出し、
大人気なのは15㎝サイズ

15㎝は小ぶりなため使い勝手がよく、
アウトドアなど持ち運びにも便利。

ひとり分の食事を作るのに
ちょうど良いサイズなので
独り暮らしの方にはピッタリです!

また調理したまま食卓に出せるので
家族ひとりに1スキレットなんて
使い方もできちゃいます。

気軽に買い足せるお値段なのも
15㎝スキレットの人気の秘密です。

でも2人以上の料理をする際には
19㎝のスキレットが大活躍!

15㎝と19㎝のスキレットは
重ねて収納することができ
人数に合わせて使い分けできるので、
迷うのであれば
ふたつ買いもおすすめ
ですよ!

ただどうしても不安があるのであれば、
15㎝を買って使い勝手を見てから
買い足ししてもいいかもしれませんね。


スポンサーリンク



ニトスキのお手入れ方法は?

スキレットは鉄製のため
やはりお手入れが必要です。

きちんとお手入れしておかないと
すぐに錆びてしまい、
使えなくなってしまいます。

そこでスキレットを使用する前に
「シーズニング」と呼ばれる
鉄製フライパンの表面に油の膜を作り
サビを防止する作業をおこないましょう!

ただこの作業、きちんとしようと思えば
かなり面倒な作業なんです(汗)。

そこでこちらでは最低限の簡単な
シーズニング方法をお伝えします!

使用前のお手入れ方法

ニトスキ・お手入れ1
出典:http://donnpinn.blog.fc2.com/

1.まずは工場で出荷時に塗られている
 サビ止めを洗い流します。
 中性洗剤を使って
 しっかりと洗い流しましょう!

2.スキレットに水を入れて沸かし、
 沸騰したらお湯を捨てます。
 
3.スキレットの水分を軽く拭き取り、
 中火にかけて空焚きします。

 白い煙がでますがそのまま熱し、
 煙が出なくなるまで
 フライパンを焼き切ります

*この時取っ手が非常に熱くなって
 いるので、鍋つかみをお忘れなく!

4.粗熱が取れたらオリーブオイルを
 スキレットの裏、表、持ち手まで
 キッチンペーパーで全部に塗りましょう

5.再度火にかけて5分程加熱します。

最低限の手順はここまでですが
4.5.の作業を4、5回繰り返し、
最後にくず野菜を炒めるのが
ベストな方法となりますよ。

スキレットは鉄製のため
非常に熱くなりますが、
まだ熱いスキレットに水をかけると
割れる恐れ
がある
ので
絶対にやめましょうね!

使用後のお手入れ方法

ニトスキ・お手入れ2
出典:http://kukka.noor.jp/

使用前サビ止めを洗い流すのに
洗剤を使いましたが、
使用後は洗剤洗いは禁止です!

せっかく馴染ませた油が
流れてしまうからです。

水洗いした後は必ず空焚きをし、
オリーブオイルを塗っておきましょう

このひと手間がスキレットを
長く使うコツですよ!

まとめ

今回は大人気のニトリのスキレット、
ニトスキについてお届けしました。

いかがでしたか?

お手頃価格で使い勝手が良い
ニトスキは、
まさに「お、値段以上」の
キッチンアイテム。

スキレットビギナーのあなたでも
気軽に試せるのがいいですよね!

スキレットを使いこなせば
料理の幅も広がり、
お料理が楽しくなること間違いなしですよ♪


スポンサーリンク