書店の好きな本を自由に手に取り
コーヒーを飲みながら
のんびりと読むことができることで
近頃人気のブックカフェ。

そのブックカフェからさらに進化した
泊まれる本屋「BOOK AND BED」
あなたは知っていますか?

好きな本に囲まれて過ごせるだけでなく
ベッドに本を持ち込んで
そのまま寝落ちしても大丈夫!

そんな斬新なコンセプトが受け、
本好きの人を中心に
今注目を浴びているんですよ!

そこで今回は
泊まれる本屋「BOOK AND BED」について
女性ひとりやカップルでの利用や、
宿泊料金、気になる評判などを
詳しく調べてみましたよ!

では早速いってみましょう♪


スポンサーリンク



泊まれる本屋「BOOK AND BED」とは?

泊まれる本屋・とは
出典:http://info-watch.net/642.html

泊まれる本屋がコンセプトの
「BOOK AND BED」は
ホステルタイプの宿泊施設

本棚の中にベッドが組み込まれている
構造は、ちょっとオシャレな
カプセルホテルのような
雰囲気になっています。

共有スペースにある本を
自由に読むことができ、
そのままベッドに持ち込んで
眠ってしまってもOK
という、
本好きにはたまらない
夢のような空間なのです!

2015年11月東京・池袋に
第1号店がオープンし、
2016年12月は京都・祇園、
2017年4月は福岡・天神と
全国の立地の良い場所に
3店舗を展開しています。

3,200冊もの蔵書を誇る
「BOOK AND BED」の東京店では
日本語の本から英語の本まで
幅広いジャンルの本が勢揃い!

国内の旅行者や日本人だけでなく
海外からの観光客にも
注目を浴びているんですよ!

本は販売されておらず
閲覧のみ
となっています。

あなたもたくさんの本に囲まれて
一晩を過ごしてみませんか?

女性ひとりやカップルでも利用可能?

泊まれる本屋・女性カップル
出典:https://www.cinra.net/news/

オシャレでくつろぎの空間が
広がっている「BOOK AND BED」では
女性ひとりやカップルでも
もちろん利用が可能
です。

「女性ひとりでは少し不安」と
思われるかもしれませんが、
「BOOK AND BED」の利用者の
半分以上は女性なんですよ!

実際に宿泊した方の口コミでも
「本当に女性が多かった」
というものばかりです。

シャワールームや洗面所といった
水回りもとても清潔で、
女性でも利用しやすい設備
なっているんですよ。

レンタルバスタオルやシャンプー、
リンスなどがセットになった
「シャワーパッケージ」が
販売されているのも、
女性には嬉しいところ。

どうしてもひとりが不安であれば
一度友達と泊まりにきて
雰囲気を見てみるのもいいかもしれませんね。

カップルの利用は?

「BOOK AND BED」の部屋は
全て1人部屋となっています。

なのでカップルでの利用となると、
個々に部屋を取らなくてはいけません。

カップルで利用するのであれば、
宿泊よりも
デイタイムの利用がおすすめです!

「BOOK AND BED」では日中の
13:00~17:00はデイタイム営業
を行っています。

利用者の人数制限を設けているので、
混み合うことなく
のんびりとデートが楽しめますよ!

ただしデイタイム営業も
人気が高く、満席必至。

予約は受け付けていないので、
早めの時間に行きましょう!

利用状況はホテルのツイッターで
確認ができますので、
そちらをチェックしておきましょうね。


スポンサーリンク



気になる宿泊料金や評判は?

泊まれる本屋・料金評判
出典:http://www.suppose.jp/works

「BOOK AND BED」の料金は
それぞれの店舗によって異なります。

ここでは東京店の料金をご紹介しますね!

ベッドのサイズが110cm×200cmの
「STANDARD」で1泊4,500円(税抜)~

ベッドのサイズが80cm×200cmの
「COMPACT」で1泊3,500円(税抜)~

と、なかなかお手頃な価格設定に
なっています。

ただし土曜、日曜、祝前日などは
料金が1,000円ほど割高に
なりますよ!

ちなみに料金の支払いは
クレジットカード払いのみ
となっており、
現金の取り扱いはありませんので
注意してくださいね。

気になる評判は?

さて気になる評判ですが、

「とてもリラックスできた。」
「雰囲気がよく素敵な空間だった。」
「清潔で、快適に過ごせた。」
「立地が良くて最高!」
「スタッフがフレンドリーで親切」

など、「また利用したい!」という
口コミが圧倒的に多く、
なかなか評判が良さそうですよ!

ただ完全個室の部屋とは言えないため、
「シャワーなどの物音が気になる」
という意見も、ちらほらありました。

ちょっとした物音が気になる方は
耳栓を準備した方がよさそうですね!

まとめ

今回は泊まれる本屋
「BOOK AND BED」について
お届けしました。

いかがでしたか?

本好きの人にはたまらない
楽園のような「BOOK AND BED」。

立地の良い便利な場所にあり
宿泊料金もお手頃なので
機会があればぜひ泊まってみてください。

好きなだけ本を読んで眠りに落ちる
至福な時間を
過ごせること間違いなしですよ!


スポンサーリンク