スポンサーリンク



「暑さ寒さも彼岸まで」といいますが、
気が付けばあともう少しで9月。

彼岸の中日である「秋分の日」
9月の国民の祝日のひとつです。

秋分の日は昼と夜の長さがほぼ同じ
ということは知っていても、
その由来や祝日になった理由などは
意外と知らないものですよね。

そこで今回は
秋分の日の2017年の日付や決め方、
由来や祝日となった経緯などを
詳しく調べてみましたよ!

では早速いってみましょう♪

2017年の秋分の日はいつ?意味や由来とは?

秋分の日・いつ由来
今年2017年の秋分の日は
9月23日(土)です。

秋分の日は例年9月23日頃と
されていますが、
毎年決まった日ではありません

日本の祝日法で
地球が秋分点を通過する日を
「秋分日」と定められているため、
日付が変動するのです。

そのため国立天文台が作成する
『暦象年表』に基づいて
翌年の秋分の日が閣議決定され、
毎年2月に発表されています

秋分の日は23日の時もあれば、
22日や24日の年もあるんですよ!

秋分の日の意味や由来とは?

秋分の日は国民の祝日に関する法律で
「祖先をうやまい、
なくなった人々をしのぶ」日
とされています。

ちょうど秋分の日は
お彼岸の中日
(ちゅうにち)にあたり、
お墓参りをする方も
多いのではないでしょうか?

これは秋分の日は
「昼と夜の長さがほぼ等しい」と
いうことにも関係があるんですよ。

「彼岸」とは
先祖がいる極楽を指します。

仏教では「彼岸」は西にあると
されており、太陽が真東から昇り
真西に沈む秋分の日は

先祖供養にピッタリの日なのです!

これは春分の日も同じなんですよ。

だから日本では春と秋の2回
彼岸の日があるんですね!

秋分の日はなぜ祝日なの?

秋分の日・祝日
では秋分の日はどうして
祝日になったのでしょうか?

それはもともと秋分の日は
「秋季皇霊祭(しゅうきこうれいさい)
と呼ばれる、
皇室の宮中祭祀が行われる祭日
だった
からなのです。

皇霊祭とは
歴代の天皇・皇后・皇親の霊を祭る
儀式で、とても大切な祭日でした。

しかし戦後の1948年(昭和23年)に
「国民の祝日に関する法律」
が制定
されます。

その結果秋季皇霊祭は廃止となり、
秋分の日という
祝日に改められた
のです。

秋分の日は「祖先をうやまい、
なくなった人々をしのぶ」
大切な祝日なんですね。


スポンサーリンク



秋分の日はどうやって決まる?

秋分の日・決め方
地球が秋分点を通過する日となる
秋分の日は、
国立天文台が作成する『暦象年表』
に基づき、閣議で決定
されています。

天文学での計算によって
算出されているんですよ!

天文計算上によると、
2012年~2044年まで
秋分の日は
9月23日となっています。

ただし4年に1度訪れる
うるう年の場合は
9月22日になるのだそう。

ちなみにこの秋分の日が
何日なのか?何曜日なのか?
によって、9月に発生する大型連休
「シルバーウィーク」の連休数が
変わってきます。

★「シルバーウィーク」についての詳しい記事はこちら
シルバーウィークとは?2017年にはない?発生する条件や由来を調査

「秋分の日が9月21日・22日・23日の
いずれかで、かつ水曜日」だと
最大の5連休となりますよ!

まとめ

いかがでしたか?

秋分の日は「祖先をうやまい、
なくなった人々をしのぶ」日。

日本人にとって大切な祝日だと
いうことが分かりましたよね!

今年の秋分の日は9月23日。

先祖供養にも最良の日ですので、
忘れずにお墓参りに行きましょうね♪


スポンサーリンク