スポンサーリンク



あなたにとって夏の到来を
感じさせてくれるものって何ですか?

岐阜県のある地方の人々にとっては
それが「みょうがぼち」なんですよ!

「みょうがぼち、何それ面白いの?」
とお思いのあなた。

いえいえ、「みょうがぼち」とは
岐阜の美濃地方に伝わる郷土菓子のこと(笑)。

初夏になると店に出回る
夏の風物詩なんですよ!

そこで今回は
「みょうがぼち」について
作り方や通販で購入可能かどうかなどを
詳しく調べてみました!

では早速いってみましょう♪

岐阜の郷土菓子!「みょうがぼち」とは?

みょうがぼち・概要
出典:http://www.toyodaya.net/

全国的にはあまり聞き慣れない名前の
「みょうがぼち」。

「日本のへそ」とも呼ばれる岐阜県にある
美濃地方で古くから伝わる郷土菓子
です。

「みょうがぼち」は小麦粉を練って作った生地で
そら豆の餡を包み、みょうがの葉で包んだ
素朴な味わいの和菓子。

子供から年配の方まで実に幅広い年齢層に
親しまれているんですよ!

「ぼち」とはこの地方の方言で、小麦粉を練って
蒸したものをそう呼んでいるのだとか。

昔から初夏の田植えの際におやつとして
食べられていた、この地方のソウルフード!

みょうがの葉には殺菌効果があるので、
おにぎりやお団子などの傷みやすい食べ物を
包むのにもピッタリなんです。

地元の和菓子店やスーパーなどでは
毎年5月下旬頃から10月の上旬頃まで
販売されている
のだとか。

なのでこの地方の人々にとっては
「みょうがぼち」は夏の風物詩。

どんな味わいなのか
ぜひ一度味食べてみたいものですね!

通販でも買えるの?

みょうがぼち・通販
出典:http://www.toyodaya.net/

全国的にまだあまり知られていない
「みょうがぼち」。

岐阜県の中でも美濃地方の郷土菓子とあって
食べてみたくてもその地域に行かないと
簡単には手に入りません。

でも今は全国の美味しいものが
ネット通販でお取り寄せできる時代。

「みょうがぼち」もネット通販で
購入が可能
です!

「みょうがぼち」で有名なのは
岐阜の和菓子店『とよだや』

昭和元年創業の老舗で、
全国に発送もしてくれますよ!

『とよだや』の「元祖みょうがぼち」は
お店の大人気商品。

販売期間は6月~9月下旬となっていますが
みょうが葉が無くなり次第終了となるそうなので、
早めに注文することをおすすめします。

ぜひお店のホームページを
チェックしてみてくださいね!

みょうがぼちの作り方

みょうがぼち・レシピ
出典:http://dochubu.com/

昔から家庭で作られていた「みょうがぼち」。
あなたも作ってみませんか?

それでは「みょうがぼち」のレシピをご紹介!

材料(約20個分)

<あん> そら豆(乾燥) 250g
     砂糖 250g
     塩 小さじ1/2

<生地> 小麦粉 250g
     砂糖 15g
     塩 5g
     水 300ml

みょうがの葉 20枚

1.まずはそら豆の餡から作ります。
 たっぷりのお湯で乾燥そら豆を
 柔らかく茹で、薄皮をむきます。

2.そら豆をボールに移し、
 熱いうちに砂糖を加え、練り上げます。
 仕上げに塩を加えると餡の出来上がり!

3.お次は生地作り。
 鍋に水を沸騰させ砂糖と塩を加えたものを
 ボールに入れた小麦粉に一気に加え、
 箸でかき混ぜます。

4.そら豆の餡を生地で包み、
 蒸し器で10分ほど蒸します。

5.その間にみょうがの葉を湯がいておきます。
 蒸しあがったら、葉を巻いて出来上がり!

そら豆の餡に入れる砂糖の量は
お好みで調整してくださいね。

甘さ控えめよりは甘めの方が
美味しい
そうですよ。ぜひお試しを!

まとめ

岐阜県美濃地方の郷土菓子
「みょうがぼち」についてご紹介しました。

いかがでしたか?

この地方出身の方達は夏になると
無性に食べたくなるソウルフード。

地方には私達が知らない食べ物が
まだまだたくさんあるんですね。

ぜひ食べてみたいあなたは
家で作るか通販でお取り寄せを!

そら豆の甘さと素朴な味わいの
虜になるかもしれませんよ♪


スポンサーリンク