スポンサーリンク



関東にあって関西にないもの。
関西にあって関東にあるもの。

挙げていくときりがありませんが、
そのひとつがマックスコーヒーであることを
あなたは知っていますか?

マックスコーヒーは
ひとたび飲むとクセになる甘さで
ファンもいるほどの人気コーヒー飲料。

その人気の秘密は一体なんなのでしょうか?

そこで今回は
人気商品マックスコーヒーの
概要や販売地域、甘さやカロリーについて
あれこれ調べてみましたよ!

では早速いってみましょう♪

マックスコーヒーとは?

マックスコーヒー・概要
出典:http://portal.nifty.com/

マックスコーヒーはコカ・コーラ社が
販売しているコーヒー飲料
で、
正式名称は「ジョージア・マックスコーヒー」。

黄色のベースに茶色のロゴと
目立つパッケージでお馴染みです。

マックスコーヒーの特徴は、
他の缶コーヒーと比べて
非常に甘みの強いコーヒー飲料であること。

カフェオーレやコーヒー牛乳よりも
更に甘味を増した味わいとも言われています。

マックスコーヒーの歴史は意外と古く、
まだそれほど日本の市場に
缶コーヒーが販売されていなかった
1975年から発売されているんですよ!

マックスコーヒーを「ソウルドリンク」
と呼ぶ人もいるほどで、
コカ・コーラ社のコーヒー飲料の中で
息の長いロングセラー商品。

そのやみつきになる甘さを武器に
「元気つづきMAX!」のキャッチフレーズのもと
根強いファンから支持されているコーヒー飲料、
それがマックスコーヒーなのです!

マックスコーヒーは地域限定?関西でも買えるの?

マックスコーヒー・販売地域
出典:http://styleproject.blog48.fc2.com/

1975年の発売当初は千葉県と茨城県のみ
販売されていたマックスコーヒー。
その後しばらくは、千葉、茨城、栃木の
3県で販売されていました。

2006年7月から東京をはじめ販売地域が広がり、
2009年2月に遂に全国デビューを果たしました!

とはいえ、関西出身の私は
マックスコーヒーを知りません(涙)。
全国で販売されているはずなのになぜ?

なんでも現在は関東・東北・北陸・東海地域が
販売地域となっているようで、
関西では取り扱いがされていないのだとか。

「大阪の自動販売機で発見」などの口コミを
たまに目にすることもありますが、
どこでも気軽に買うことはできない様子。

もし関西在住のあなたが
マックスコーヒーを飲んでみたいのならば、
販売地域に出向いた際に買うか
通販で購入するかしかなさそうです。

関西在住のあなた、あー残念…


スポンサーリンク



マックスコーヒーの甘さやカロリーをチェック!

マックスコーヒー・甘さ
マックスコーヒーの人気の秘密は
やはりその甘さにあります。

マックスコーヒーの甘みが強い理由は、
練乳を使っているから!

そうです、イチゴを食べる時にかける
あのあまーい練乳です。

商品に記載されている原材料は
原料の多い順から記載されているのですが、
それがマックスコーヒーの場合
「加糖練乳、砂糖、コーヒー」
の順に記載されています。

コーヒーよりも加糖練乳と砂糖の量が多く、
しかも加糖練乳と砂糖で甘さのダブルパンチ!!

そりゃあ甘いはずですよね(苦笑)

なんでも糖分量が多いことで知られている
コカ・コーラとほぼ変わらず、
砂糖の量は3gの角砂糖8個分
とも言われています。

恐るべし、マックスコーヒー…

気になるカロリーは?

それだけ砂糖が多く入っていると、
どうしても気になっちゃうのがカロリーですよね。

マックスコーヒー250mlを1缶飲み干すと、
そのカロリーはズバリ120kcal!

ダイエット中のあなたには
あまりおすすめできない高カロリー(涙)。

元々マックスコーヒーは
「疲れて甘いものが欲しいとき」
「仕事の合間にほっと一息つきたいとき」
などに飲んでもらおうというコンセプトで
作られたコーヒーなのです。

毎日飲むにはあまりおすすめできませんが、
たま~に体が甘味を欲した時には、ぜひ♪

まとめ

いかがでしたか?

マックスコーヒーは東日本を中心に
販売されているため、
関西では入手困難なコーヒー飲料。

練乳を使用したミルキーな甘さで
一度飲んだら病みつきになること
間違いなし!

まだ飲んだことのないあなたは
ぜひお試しを♪


スポンサーリンク