スポンサーリンク



夏の病魔や邪気を払い、
五穀豊穣を願って行われる
秋田竿燈(かんとう)まつり

青森ねぶた祭り、
仙台七夕まつりと並ぶ
東北3大祭りのひとつとして
とても有名ですよね!

昨年は観客動員数132万人を誇り
夏の暑さを吹き飛ばすほどの
盛り上がりをみせています。

あなたも大きな竿燈を操る職人の技を
目の前で観てみたいと思いませんか?

そこで今回は
秋田竿燈まつりの概要や
観覧席や駐車場などについて
お届けします!

では早速いってみましょう♪

★東北3大祭り・青森ねぶた祭りについての記事はこちら
青森ねぶた祭り2017の日程は?混雑や観覧席の予約についても調査!

★東北3大祭り・仙台七夕まつりについての記事はこちら
仙台七夕祭り2017の日程や見どころは?混雑や花火祭りの情報も!

秋田竿燈まつり2017の場所や日程は?

秋田竿燈まつり・概要
出典:http://www.kantou.gr.jp/

まずは秋田竿燈まつりの
開催場所や日程を見てみましょう。

開催日:8月3日(木)~8月6日(日)

★夜本番 

8月3日~8月6日
18:15 交通規制
18:50 竿燈入場
19:25~20:35 竿燈演技
20:35 ふれあいの時間
(写真撮影や竿燈体験が可能)

★昼竿燈(妙技会)

8月4日~8月5日 9:00~15:40
8月6日 9:20~15:00

会場:竿燈大通り(夜本番)
   エリアなかいちにぎわい広場
   (昼竿燈・妙技会)

引用元:秋田市竿燈まつり実行委員会公式WEBサイト
    http://www.kantou.gr.jp/schedule/

毎年8月3日~6日までの4日間の日程
開催されている秋田竿燈まつり。

祭りのメインとなる
夜本番の会場は、竿燈大通り
ちょうど二丁目橋交差点から
山王十字路までの区間になります。

妙技会が行われる昼竿燈の会場は、
エリアなかいちにぎわい広場です。

竿燈とは、組んだ竹に
たくさんの提灯が吊られたもの。

大きいものだと長さ12m、重さ50kgも
するというから、驚きですね!

そんな大きな竿燈を
額や肩、腰などの体の部位に載せ、
職人たちが妙技を披露してくれます。

このハラハラドキドキの妙技を観なくては
秋田竿燈まつりを語れません!

職人たちの熱のこもった技を
目を凝らしてしっかりと鑑賞しましょうね!

観覧席の予約方法は?

秋田竿燈まつり・観覧席
出典:https://blogs.yahoo.co.jp/nabeiso/

竿燈まつりの妙技を
間近で楽しみたいのなら
やはり有料観覧席を取るのがおすすめです。

では有料観覧席の概要を見てみましょう。

・15名以上の団体の予約開始日:
  4月3日(月) 午前10時~

・14名以下個人予約開始日:
  5月1日(月) 午前10時~

S席:中央道壁上ひな壇席
   2,600円
A席:ひな壇席および長いす席
   2,100円

予約受付:観覧予約センター
  018-866-9977(TEL)
  018-866-9978(FAX) 

引用元:秋田市竿燈まつり実行委員会公式WEBサイト
    http://www.kantou.gr.jp/kanran/


 
座席は大人も子供も同じ料金で、
座席を必要としない乳幼児は無料です。

予約の申し込みは、観覧席予約センターまで。
インターネット、電話、ファックスでの
受付
となっていますよ!

詳しくは公式ホームページを
チェックしてくださいね!


スポンサーリンク



無料駐車場はある?

秋田竿燈まつり・駐車場
出典:http://www.city.akita.akita.jp/

人出の多いお祭りとなると
交通規制などがあるため、
公共交通機関を利用するのが
基本的にはおすすめです。

でも秋田竿燈まつりでは
有難いことに、
祭り期間中に無料駐車場
用意されている
んですよ!

・秋田県立体育館:140台
・裁判合同庁舎:100台
・秋田地方法務合同庁舎:30台
・秋田合同庁舎:81台
・秋田県庁:280台
・秋田地方総合庁舎:70台
・秋田県庁第2庁舎:60台
・多目的グラウンド南側:75台

もし無料駐車場が満車になっても
駅周辺にはたくさんの有料駐車場が
ありますので、ご心配なく。

ただし竿燈大通り周辺では、
18:15~21:30まで交通規制

ありますのでご注意ください。

早めの時間に車を入庫させておく方が
良さそうですね!

まとめ

いかがでしたか?

重要無形民俗文化財に指定され
260年以上の歴史を持つ
秋田竿燈まつり。

竿燈を作る職人の技と
竿燈を操る職人の技が見事に融合した、
見応えのあるお祭りです。

祭りの熱気を体感しに
ぜひ足を運んでみませんか?

きっといつまでも心に残る
夏の思い出になるはずですよ♪


スポンサーリンク