スポンサーリンク



「ラッセラー!ラッセラー!」
という威勢のいい掛け声。

そして街を練り歩く大きな山車と言えば
「青森ねぶた祭り」ですよね!

観客動員数が270万人以上と
東北3大祭りの中でもダントツのトップ!

東北の夏を熱くしてくれる
迫力満点のお祭りです。

あなたもぜひ一度は見てみたい
お祭りのひとつではないでしょうか?

そこで今回は
青森ねぶた祭り2017の概要や
混雑、観覧席の予約などについて

お届けします!

では早速いってみましょう♪

★東北3大祭り・仙台七夕まつりについての記事はこちら
仙台七夕祭り2017の日程や見どころは?混雑や花火祭りの情報も!

★東北3大祭り・秋田竿燈まつりについての記事はこちら
秋田竿燈まつり2017の場所や日程は?観覧席や駐車場についても調査!

青森ねぶた祭り2017の日程は?

青森ねぶた祭り・概要
出典:https://sk-imedia.com/

まずは青森ねぶた祭りの日程と
ねぶたの運行スケジュールを見てみましょう。

開催日:2017年8月2日(水)~7日(月)

8月2日(水)3日(木) 19:10~21:00
 子どもねぶた・大型ねぶたの運行

8月4日(金)~6日(日) 19:10~21:00
 大型ねぶたの運行
*8月6日(日)はねぶた大賞他、各賞の発表。

8月7日(月)
13:00~15:00 大型ねぶたの運行
19:15~21:00頃  第63回青森花火大会
          ねぶた海上運行

引用元:青森ねぶた祭りオフィシャルサイト
    https://www.nebuta.or.jp/

毎年曜日にかかわらず8月2日~7日まで
同じ日に行われている青森ねぶた祭り。

開催期間は毎日20~30台のねぶたが
街を練り歩き、
お祭り気分を盛り上げてくれますよ!

8月6日はねぶたの大賞など各賞の発表があり、
受賞したねぶたが一堂に会するので
一番見ごたえがある日になるかも。

最終日の8月7日は
ねぶた祭りのフィナーレを飾る
花火大会が開催されます。

6台ものねぶたが海の上を運行し、
打ちあがる花火は約1万1,000発!

こちらも見逃せませんよ!

気になる混雑状況は?

青森ねぶた祭り・混雑
出典:http://www.hitachi.co.jp/

昨年は276万人もの観客動員数があった
青森ねぶた祭り。

日本全国から見物客がやって来るのですから
今年もかなりの混雑が予想されますよ。

周辺の交通規制などもあり
電車を利用する方も多いため
JR青森駅はかなりの混雑に!

祭り開始の数時間前終了直後
混雑のピークと予想
されます。

なので祭り開始の数時間前には
会場周辺に到着し、
祭りが終了する前には
駅に向かうことをおすすめします!

早めに早めに行動しておかないと、
「帰りの新幹線の時間に間に合わない!」
なんてことも出てくるかも(汗)。

祭りを最後まで楽しみたいのなら
宿を取っておくほうが賢明でしょうね。


スポンサーリンク



有料観覧席の予約方法は?

青森ねぶた祭り・観覧席
出典:http://shoko-travel.doorblog.jp/

ただでさえ混雑が予想される
青森ねぶた祭り。

ねぶたを無料で観覧することは
もちろん出来ますが、
ベストポジションでねぶたを楽しむのなら
有料観覧席での見物をおすすめします!

観覧席の予約は、10名以上の団体と
9名以下の個人とに分かれていますが、
今回は個人の予約方法についてお伝えしますね。

販売開始日:7月1日(土)~
(青森市内の販売所では6月30日(金)~)

購入場所:チケットぴあ、ローソンチケット
     セブンチケット、イープラス
     青森ポータルサイト ポみっと!チケット
     青森市内の販売店

料金:指定席 1枚3,000円
   自由席(31号席のみ) 1枚2,600円

引用元:青森ねぶた祭りオフィシャルサイト
    https://www.nebuta.or.jp/

基本全席指定なのですが、
31号の桟敷席のみ自由席になっていますよ。

席は桟敷席とパイプ椅子の席とに
分かれていますので、
好みの席をチョイスしてくださいね。

8月7日の昼ねぶた&夜花火大会セット券は
すでに完売とのことですので、早めにご予約を!

まとめ

いかがでしたか?

「はねと」と呼ばれる踊り手たちの
掛け声やお囃子に
まばゆいばかりのねぶたの数々。

そんな祭りの大迫力ぶりに
圧倒されること間違いなしの
「青森ねぶた祭り」。

観覧席も続々と売り切れに
なってきていますので、
「行きたい!」と思ったあなたは
早めの決断を!

ぜひ祭りを間近で体感しましょう♪


スポンサーリンク