スポンサーリンク



阪神・淡路大震災後から
街の復興と犠牲者の鎮魂を願って
毎年12月に開催されている
神戸ルミナリエ

来場者数300万人以上を誇る
関西の人気イルミネーションも
今年で23回目を迎えます。

美しい色とりどりの光の回廊を
あなたも観覧してみませんか?

そこで今回は
神戸ルミナリエ2017の開催期間や
点灯時間、混雑や穴場スポットなどを
詳しくご紹介いたします!

では早速いってみましょう♪

神戸ルミナリエ2017の開催期間や点灯時間は?

神戸ルミナリエ・期間時間
出典:http://tanosimukokoro.com/2277.html

初開催の年を除いては
毎年12月の初旬に行われている
神戸ルミナリエ。

今年の開催期間は
2017年12月8日(金)~17日(日)
の10日間
となっています。

今年の点灯時間は
まだ発表されていませんが、
例年同じ時間帯で行われているので
今年も下記の通りになるでしょう。

月~木:18:00頃~21:30
 金 :18:00頃~22:00
 土 :17:00頃~22:00
 日 :17:00頃~21:30

例年平日は18時~
人出が多い土・日は早めの17時~
と、まだ日が暮れていなくても
点灯されることもあるようです。

毎年灯りが点灯される瞬間が
来場者には大人気!

薄暗い風景の中に一瞬で現れる
光の芸術作品は、とても幻想的で
感動すること間違いなしですよ!

混雑状況は?

神戸ルミナリエ・混雑
出典:http://mf.air-nifty.com/mf/2013/12/post-5de8.html

神戸ルミナリエは来場者数が
毎年300万人を超える人気イベント。

できることなら混雑が少ない日を
選んで行きたいですよね!

そこで混雑する条件を調べてみると、

・平日より土・日
・開催期間の終盤
・点灯時間の前後

が一番混み合うと判明しました!

混雑する土・日の中でも
特に土曜日の来場者数が
例年一番多い
のだとか。

また開催初日の来場者数が一番少なく、
終盤に向かって徐々に混雑してきます。

そして来場者に人気の高い
点灯前後の時間帯は、
実は一番混雑する時なんです。

というわけで
混雑を避けたいのであれば、

・開催期間前半
・平日遅めの時間帯

が狙い目となりますよ!


スポンサーリンク



穴場スポットをご紹介!

雨でも降らない限り
1日20万人以上の人出が
見込まれる神戸ルミナリエ。

どうしても人混みの中を歩きたくない
というあなたにオススメの
穴場スポットをご紹介致しましょう!

神戸市役所1号館展望ロビー

神戸ルミナリエ・穴場1
出典:https://www.tripadvisor.jp/

神戸市役所1号館の24階展望ロビーは
神戸の夜景スポットとしても
有名な場所なんです。

なので混雑することもあるようですが
地上の人混みを歩くよりは
かなり快適で、しかも入場料無料!

ルミナリエのイルミネーション
だけでなく、神戸の夜景も一緒に
堪能できちゃいます!

寒さがしのげてトイレがあるのも
ポイントが高い点ですよ!

東遊園地

神戸ルミナリエ・穴場2
出典:http://kabegami.image.coocan.jp/

東遊園地はルミナリエのルートの
終着点となる場所です。

出発地点からあえて歩かずに
直接終着点に先回りすることで、
人混みを避けることができるんです!

東遊園地をぐるっと囲むように
イルミネーションが建っているので
充分ルミナリエも楽しめます。

たくさんの屋台も出ているので
イベント気分も満喫できますよ!

ただしルミナリエは一方通行のため
終着点から逆に歩くことは
できませんので、あしからず。

まとめ

今回は神戸ルミナリエについて
お届けしました。

いかがでしたか?

私達を楽しませてくれる
光の祭典・ルミナリエは、
実は毎年資金難のため
開催が危ぶまれているんです。

そのため会場内では
イベントを継続するために
「1人100円募金」を行っています。

イルミネーションを楽しむだけでなく
自分たちのできる範囲で
ぜひ募金にも協力したいですよね♪


スポンサーリンク