スポンサーリンク



爆発的なヒットを記録し
一大ブームを巻き起こした
アニメ映画『君の名は。』。

その生みの親である新海誠監督の
デビュー15周年を記念した
「新海誠展」が開催されることとなり、
静岡県を皮切りに全国へ巡回します。

絵コンテや映像などの
貴重な制作資料が展示され、
新海誠監督の軌跡や全作品の魅力を
余すことなく堪能できる
ファン必見の内容なのだとか!

静岡、長野と巡回した後は
11月から東京の国立新美術館での
開催が決定しています。

そこで今回は
新海誠展(東京)の概要や混雑状況、
グッズ販売、巡回先について
詳しく調べてみましたよ!

では早速いってみましょう♪

新海誠展とは?

新海誠展2017東京・概要
出典:http://life-seeds.net/

圧倒的な映像美で数々のヒット作品
を生み出してきた
アニメーション監督の新海誠さん

『ほしのこえ』で2002年にデビュー以来
今年で15周年
を迎え、記念となる
展覧会が全国で開催されることになりました。

これまでの軌跡と全作品を網羅した
展示内容は、新海誠ワールドの魅力が
たっぷりと詰まっていますよ!

貴重な制作資料である絵コンテ、
作画、言葉、主題歌、映像など
新海誠監督の全6作品を
デビュー作から『君の名は。』まで
順番に章立てて展示されます。

新海監督の作品の世界に
どっぶりと浸れる
ファン必見の内容です。

静岡の「大岡信ことば館」、
長野の「小海町高原美術館」と巡回し
11月11日(土)から満を持して
東京・六本木の国立新美術館で
開催
が始まります。

国立新美術館といえば、
映画『君の名は。』の中でも
登場した場所

聖地巡礼に訪れる人も多く、
そんな場所で開催されるとなると
『君の名は。』ファンは
行くしかありませんよね!

今からスケジュールの
チェックをお忘れなく♪

★『君の名は。』の聖地巡礼ができるカフェバスが運行中!詳しい記事はこちら
君の名は。カフェバスで聖地巡礼!ルートや期間、料金は?予約状況も!

開催概要

新海誠展 -「ほしのこえ」から「君の名は。」まで-

会期:2017年11月11日(土)~12月18日(月)
会場:国立新美術館 企画展示室 2E
   東京都港区六本木7-22-2
開催時間:10:00~18:00(入場は閉館の30分前まで)
    ※毎週金曜日は20:00まで
休館日:毎週火曜日

混雑やグッズ販売は?

新海誠展2017東京・混雑
出典:https://ddnavi.com/news/

日本を代表するアニメ映画監督
のひとりとして、
大注目を浴びている新海誠監督。

今をときめく監督の展示会、
しかも大人気作品『君の名は。』の
展示も見れるとあって、
会場の混み具合が気になりますよね。

国立新美術館では
まだ開催されていないので、
現在開催中の「大岡信ことば館」での
状況
を調べてみましたよ!

場所が静岡県の三島市で、
大都市ではないからでしょうか?

混雑しているとの声は
全く聞かれません(笑)

「思っていたより空いていた」との
口コミが多く、
ゆっくりと鑑賞できるのだそう。

ただし国立新美術館での開催となると
『君の名は。』の聖地でもあるので
静岡のようにはいかないかも

国立新美術館での開催期間は
38日間と一番短く、
大都市での開催となるので
混雑することも充分予想されますね!

グッズ販売は?

新海誠展2017東京・グッズ
出典:https://twitter.com/Shinkai_ten/

新海監督の作品のファンや
アニメファンにとって
楽しみなのがグッズ販売ですよね!

まず展示会では必ず買いたい
新海誠展の公式図録(2,500円)

分厚くサイズが大きいので
持ち運びするには困るようですが、
「買って良かった」と好評ですよ!

その他、各映画の
A4クリアファイル(各350円)
ポストカードセット(1セット450円)

『君の名は。』の
A4クリアファイル(各350円)
ポストカードセット(6枚組900円)
スマホホルダー(1,296円)
クッキー(1,080円)
扇子(1,728円)

*価格は全て税込

またそれ以外にも
スマホケース、ストラップ、缶バッジ
など
、迷ってしまうほどのグッズの多さ!

ファンにはたまらない
過去の展示会グッズも
再版されているようですよ。

欲しかったグッズとの出会いが
あるかもしれないので、
物販コーナーに立ち寄ることも
お忘れなく!


スポンサーリンク



大阪にも巡回するの?展示会の感想は?

新海誠展2017東京・巡回
出典:http://kadosimasugi.hamazo.tv/e7516368.html

15周年の記念して開催される今回の
「新海誠展」は、
全国への巡回を予定しています。

静岡の「大岡信ことば館」を皮切りに
長野の「小海町高原美術館」、
東京の「新国立美術館」と続き、

次回は来年2018年1月からとなりますよ。

来年の巡回予定は、

2018年1月3日(水)~2月25日(日)
北海道「札幌芸術の森美術館」

2018年7月21日(土)~9月24日(月・祝)
福岡「北九州市漫画ミュージアム」

となっており、
残念ながら今のところ大阪での開催は
決まっていない
ようです。

でも展示会の公式サイトでは
開催予定表の一番最後に
「以後、全国巡回予定」と
書かれてあるので、
福岡の後に開催される可能性もまだあります!

望みを捨てず、新たな開催情報に
注目しておきましょうね!

展示会の感想は?

SNS上で投稿されている
展示会に行った人の感想を調べてみると、

「素晴らしい!」
「最高!」
「行って良かった!」

という絶賛の声が続出しています。

3年前にも静岡の同じ会場で
「新海誠展」が開催されていたのですが、
その時よりも展示内容が格段に良く
見応えありとのことですよ!

展示物も展示方法も素晴らしく、
作品をもう一度見直したくなるのだとか。

新海監督の作品に対する思いや熱意を
感じられる、魅力たっぷりの展示会に
間違いなさそうですね!

まとめ

いかがでしたか?

デビュー作から15年の軌跡を
たっぷりと楽しめる「新海誠展」。

すでに展示会を観た人達から
絶賛の声が上がるほど、
今までにない充実した
展示内容になっていますよ!

東京の新国立美術館は
『君の名は。』ファンにとって
聖地巡礼の特別な場所。

この機会にぜひ足を運んで
あの時の感動に
もう一度浸ってみませんか?


スポンサーリンク